月別アーカイブ: 2016年11月

朝日山の家

DSC_0940DSC_0219 (1) 「朝日山の家」

西川町大井沢、清流寒河江川のほとりに佇む釣り人の癒しと憩いの場所であり、月山、そして朝日連峰登山者の拠点となっている宿です

寒河江川は全国のキャッチアンドリリースの先駆けとなった河川で、山の家のご主人、故志田忠昭さんがご尽力なされてこの環境が整ったと聞いております

自分が初めて大井沢を訪れたのは平成9年の6月だったはずです
初めて自然河川で虹鱒を釣り上げた鰭ピンのレッドバンドの40アップ
「ここは桃源郷なのか?」

そう呟いた…

お宿は今は志田さんの奥様が切り盛りされております
素敵な方です
お話しに人間味が溢れていています
嬉しい気持ちになるのでした
「朝日山の家」
飾らない宿でゆっくりした時間が流れています
みなさん
機会があれば是非訪ねてみてください

そんな山の家にこの度、ご縁ありまして、SS-5を設置させていただきました
ありがとうございました

またお邪魔させてください

こ、これは

DSC_0877.JPG DSC_0878.JPG

9月の末に少し重い梱包物が届いた
こ、これはもしや…
それは石村工業謹製クラフトマンC3なのだった
9月の末といえばこれからが秋の行楽シーズン本番だ
俺はいろんなシーンを妄想しながらいかにしてこのストーブを使いこなすかを考えていた
ああ、想像しただけで楽しい
よし、ならば即座に実行だ
まずは朝日川でソロキャンプだ
そこでこのストーブの焚き癖まで完全掌握した後、次は地元の若い衆で芋煮会だ

みんな火を扱い原始の遺伝子にスイッチが入る

そう、考えたのだ
考えた…
考えてるうちに今は何月だ
一昨日雪降りました
届いたままの状態で目の前に佇んでいるC3
一体どうなっているというのだ

正月前にはレポートしたいと思ってます
が、
厳冬期の晴れた雪の中での使用もかなり楽しいのではと思い描いてます

早く使いたい

エンプレス

s_DSC_1139-2 s_DSC_1144-2

メンテナンスさせて頂きました

D様ご夫妻様のストーブへの思い入れが伝わる手入れの行き届き具合に唸ってしまった
よって頻繁に出し入れされる灰受けトレイのガスケットの一部剥離箇所の修繕と、排気管の根元Oリングの交換1ヶ所
排気管内の状態は予想した範囲で煤は殆んど無く、排気管の長さに見合った灰の量で良好な燃焼状態を想像できた
それにしてもエンプレスこの質感はこのストーブだけのものだ

今更ながらに思うのだが
毎朝燃焼ロストルをブラシで掃除して、ガラス窓を拭いて、ペレットを投入して、という何段階もの手間を厭わずにスイッチオンできるという暖房器具もなかなか見当たらない

「使うとわかります」

身近にある燃料と冬の暖
揺らめく炎と静かなる団欒

うーん…
申し分ないです…

自主防災訓練

DSC_1106_2.JPG DSC_1129_2.JPG

本日、ここ出来町において自主防災訓練が開催されました。地元に戻ってかれこれ25年程になりますが初めての試みではないかと思います。日曜日と天気の良さも加わり若い衆がほぼ居ないというマサカもあったんですが、多くの昔の若い衆が参加され、消火器を使用した初期消火訓練や消防分署の方の話しをお聞きしながらの実践的でとても有意義な訓練だったと思います。今後、継続的な開催になれば自主防災の意識がますます高まると感じた次第です。
また、出来町消防団の皆さん、早朝からのゴミ上げ作業と訓練お疲れ様でした。

これからは火を使うシーズンに突入しますが、皆さんくれぐれも火の取り扱いには細心のご注意を。
なにより自分も心がけます。

寒うございます

dsc_1029 DSC_1023_27.JPG

ボイラーの入れ替えをさせていただきました。
Y様、ありがとうございました。
囲いは現状のものを活かせるようにと考えております。
少々お待ち下さい。
今後ともよろしくお願いいたします。

秋深し

DSC_1047.JPG DSC_1039.JPG

今月7日は立冬。
寒いわけです…
今朝もいつものように背中丸めて新聞受けに赴いたところ上空より懐かしい響きが。見上げると、変態いや編隊飛行する十数羽の白鳥が北西からかっこいいV字で翔んでいる姿を目にした。
すかさずスマホを取り出して連写したんですがグレーな空に完全に溶け込んでるうえに対象物が小さすぎてまったく見えないというマサカ。残念ながらアップできません…
越冬。
いったい何千キロ翔んでくるんだろうか。
シベリアからか?信じられん…
スタミナも凄いがメンタルが…白鳥のメンタル…
仲間いるからこそだろうか。
「ニルスの不思議な旅」を思い出した。あれは白鳥だったろか…

先日シモタニのオルコットを町内のM様宅に設置させて頂きました。
ありがとうございました。
リフォームされた素敵なリビングとダイニングルームをこの冬しっかりと暖めてくれることと思います。
「久しぶりに炎を見た」
とおっしゃられたご主人の言葉が印象深く、脳裏を反芻しています。
揺らぐ炎をご堪能ください。
今後ともよろしくお願い致します。

高圧ガス軽トラと煙突トップ

DSC_0990_24.JPG DSC_0995_5.JPG

高圧ガスステッカーの向こうに煙突が見える
なにやらアンバランスな画像だ…
しかしながら
「エネルギーの循環と分散」を掲げる者にはうってつけの構図なのかもしれない…
そんな身勝手な考えなんぞ知らんとばかりに秋空がただただ澄みわたる清々しさの中メンテナンス完了
旦那さんの話しによるとオフシーズン中に雀が何度かストーブ内に落っこちてきたらしい…
優しいご主人は「試行錯誤しながら雀の解放のコツを得た」
とおっしゃられた
「落ちたら這い上がる」
人も雀も一緒だ
でも雀、来年はやって来ないでください

メンテナンス続いております
順次伺っております
もう少しお待ち下さい
この時期に言ってる場合ではないのですが…

8ヶ月
も書いてませんでした
言い訳は寝て言います
また少しずつ書いていこう

秋の夜長
皆様、呑みすぎにご注意を